引越し費用 料金比較 費用見積もり

効率の良い荷造りの方法

梱包するものは、基本的に段ボールが一番いいと思います。

 

段ボールは中か小を使うようにしましょう。大の段ボールですと入れるものにもよりますが、荷物が重くなりすぎる可能性があります。

 

車の荷室は出っ張りが多く、大きい箱は乗せにくいということもあります。

 

無理して手を広げて荷物を持つより、小さめを何回も運んだ方が体力的に楽ですし、荷物が小さければ女性にも手伝って貰えるという利点もあります。

 

段ボールのフタをするときはガムテープをカラーにして搬入先の部屋別に色分けしておくと出すときに簡単に振り分けができます。

 

ガムテープは長めに使い、わざとはみ出させる(山積みしても見えるように)ようにしましょう。

 

中身は、段ボールの2面に書く。(これも山積みしても見えるように)これはどんな積み方をしてもわかるようにするためです

 

無料で一括見積りはこちら ↓ ↓ ↓
簡単な入力で引越しの見積りが最大10社から届きます!!

 

引越後に開梱しなさそうなの(アルバムなど)は、自前で強化段ボールを用意してそれに入れるといいです。

 

引越屋の段ボールは使い捨て用なので長期保存で使うと、すぐフニャフニャになってしまい、入れない詩をしなければなりません。

 

隙間埋めにコピー用紙を用意しておくと良いです。A4の500枚で300円弱です。新聞とか雑誌を隙間埋めに使うとインクが付くので。。。余ればプリント用紙にできますから。

 

開梱して収納する順番(ABCランク)を段ボールに書いておき

 

Aランク=すぐに開梱(生活用品系)

 

Bランク=一段落してから開梱(趣味関係)

 

Cランク=次の引越まで封印系(アルバムなど)

 

引っ越し先で山積みするときも、搬入先の部屋別、ABCランク別に固めて部屋別などに分けて置きましょう。

 

 

お皿などを新聞紙で包むのはお勧めしません。以前新聞紙で包んでインクが落ちてお皿についてしまい、とるのに苦労します。

 

 

裏の白い紙を使うことをお勧めします。

 

それと何を箱に入れたか、というメモを箱の外に張っておくと開けると時に分かりやすいのと、すぐ使うものはガムテープの色を変えたり、何か分かるように「すぐ使う」と書いたりしておくと便利です。

 

 

失敗しない引越し業者の選び方
無料で一括見積りはこちら ↓ ↓ ↓

 

 

住居を変えると、その度にどうしても不用品が出てきますが、こういったものを買い取ってくれるサービスを行なう引っ越し業者があって、大変な人気を呼んでいます。クローゼットやワードローブといったものから各種ブランド品、それからソファーとかの応接セットなど、転居によって出る不用品と言えば、多種多様です。種類が多い場合は、不要品の買取を本格的に行う方針の引っ越し業者を利用すると良いでしょう。
不要品の買取はこちらから ↓ ↓ ↓
引越しの高価買取専門【スピード買取.jp】あなたが満足する価格で買取

関連ページ

引越しを効率的にする知恵
無料で一括見積りを取れるサイトは、数多く存在しますが、中でも「引越し価格ガイド」は1100万件以上の実績があり、安心して利用できるサイトです。
引っ越しの手順
無料で一括見積りを取れるサイトは、数多く存在しますが、中でも「引越し価格ガイド」は1100万件以上の実績があり、安心して利用できるサイトです。
荷造りの時間はどのくらい?
無料で一括見積りを取れるサイトは、数多く存在しますが、中でも「引越し価格ガイド」は1100万件以上の実績があり、安心して利用できるサイトです。
引越し料金について
無料で一括見積りを取れるサイトは、数多く存在しますが、中でも「引越し価格ガイド」は1100万件以上の実績があり、安心して利用できるサイトです。
引っ越し価格交渉術
無料で一括見積りを取れるサイトは、数多く存在しますが、中でも「引越し価格ガイド」は1100万件以上の実績があり、安心して利用できるサイトです。
荷造りのポイント
無料で一括見積りを取れるサイトは、数多く存在しますが、中でも「引越し価格ガイド」は1100万件以上の実績があり、安心して利用できるサイトです。
見積もりをもらった時にどんな時に追加料金
無料で一括見積りを取れるサイトは、数多く存在しますが、中でも「引越し価格ガイド」は1100万件以上の実績があり、安心して利用できるサイトです。