引越し費用 料金比較 費用見積もり

荷造りの時間はどのくらい?

プロがやれば、大体2人で半日で終わります。

 

一人でも正味3日(8時間/日)あれば大丈夫だと思います。

 

ダンボールに入れる段階で「捨てるかどうか」をあれこれ悩んでいると時間が足りなくなるので、その辺は今から始めるか新居で行います。

 

参考までに、「らくらくパック」のような梱包・開梱サービスのやり方は、

 

(1)タンスや机など、新居に持っていく家具のレイアウトを1枚作ります。

 

それぞれの引出しや棚に番号を振ります。
この紙はダンボールの外側にはりつけておくか、新居で直ぐ出せるようにしておきます。(収納前の配置をデジカメで撮影しておいても良いです)

 

無料で一括見積りはこちら ↓ ↓ ↓
簡単な入力で引越しの見積りが最大10社から届きます!!

 

 

(2)ダンボールに引出しの中身をゴソっと入れます。

 

ある程度の形の物はそのまま入れますが、細かい物はある程度の量をまとめて紙(新聞紙でもクッキングペーパーのようなものでも何でも良いです)に包んでから入れます。
基本は、ひとつのダンボールに対してひとつの引出しですが、もしダンボールに余裕があれば、新聞紙などを途中に入れて仕切り、別の引出しの中身を上に乗せていきます。

 

(3)中途半端なスペースには新聞紙をグチャグチャにまるめて、運んでいる最中に中身が動かないようにします。

 

(4)ダンボールが満杯になったら、(1)のレイアウトの番号をダンボールに記入します。

 

(5)開梱時は逆の手順で行えば、収納も早く終わります。

 

(6)調理用具など、造り付けの収納に入っていた物は、

 

そのままダンボールに入れます。ふたを閉めたら、中身の明細をダンボールに記入します。

 

ダンボールのサイズによって、入れるものを決めます。

 

重たい物は小さ目のダンボールに入れ、軽いものやかさ張る物は大きいダンボールに入れます。特に本は一番重たいので、小さめのダンボールに分散させます。

 

ダンボールのフタが閉まらない場合には、無理に閉めなくても大丈夫です。引越し屋が上手くやりますので、そのままにしておいてください。

 

何度か引っ越しを経験されている方でも、荷造り作業は本当に大変なことかと思います。

 

計画を立てるのがちょっと苦手な人には、全部、業者に任せたほうが無難でしょうね。

 

 

失敗しない引越し業者の選び方
無料で一括見積りはこちら ↓ ↓ ↓

 

住居を変えると、その度にどうしても不用品が出てきますが、こういったものを買い取ってくれるサービスを行なう引っ越し業者があって、大変な人気を呼んでいます。クローゼットやワードローブといったものから各種ブランド品、それからソファーとかの応接セットなど、転居によって出る不用品と言えば、多種多様です。種類が多い場合は、不要品の買取を本格的に行う方針の引っ越し業者を利用すると良いでしょう。
不要品の買取はこちらから ↓ ↓ ↓
引越しの高価買取専門【スピード買取.jp】あなたが満足する価格で買取

関連ページ

効率の良い荷造りの方法
無料で一括見積りを取れるサイトは、数多く存在しますが、中でも「引越し価格ガイド」は1100万件以上の実績があり、安心して利用できるサイトです。
引越しを効率的にする知恵
無料で一括見積りを取れるサイトは、数多く存在しますが、中でも「引越し価格ガイド」は1100万件以上の実績があり、安心して利用できるサイトです。
引っ越しの手順
無料で一括見積りを取れるサイトは、数多く存在しますが、中でも「引越し価格ガイド」は1100万件以上の実績があり、安心して利用できるサイトです。
引越し料金について
無料で一括見積りを取れるサイトは、数多く存在しますが、中でも「引越し価格ガイド」は1100万件以上の実績があり、安心して利用できるサイトです。
引っ越し価格交渉術
無料で一括見積りを取れるサイトは、数多く存在しますが、中でも「引越し価格ガイド」は1100万件以上の実績があり、安心して利用できるサイトです。
荷造りのポイント
無料で一括見積りを取れるサイトは、数多く存在しますが、中でも「引越し価格ガイド」は1100万件以上の実績があり、安心して利用できるサイトです。
見積もりをもらった時にどんな時に追加料金
無料で一括見積りを取れるサイトは、数多く存在しますが、中でも「引越し価格ガイド」は1100万件以上の実績があり、安心して利用できるサイトです。