引越し費用 料金比較 費用見積もり

引っ越しの荷造りで大変なもの

日通が引っ越しも扱っていることは、テレビで「引っ越しは、日通」のコマーシャルを見かけるのが当たり前になってきたくらいよく知られた存在になりました。

 

昔から引っ越しサービスを行ってきた業者であれば、会社名は引越社、引越センターに決まっていたイメージを持っていたのではないでしょうか。

 

しかし、最近は運送会社がどんどん一般家庭の引っ越しに目をつけ、事業に参入しているのです。

 

運送会社が行う引っ越しサービスは数多いのですが、日通など大手であればサービスもしっかりしています。

 

法律上、賃貸物件からの引っ越しの場合、原状回復しなくてはいけないことになっています。

 

経年劣化も考慮しなくてはなりません。

 

どう見ても破壊や破損だと判断できるところは入居者のお金で修理しなければならないことが一般的ですが、経年によって避けられない変化とされれば修理費用を出す必要はないとされます。

 

賃貸では、できるだけ現状のままで退去できるよう生活するのが次に住む人のため、そして自分のためなのです。

 

引っ越しの荷造りで大変なものといえば、食器はまた格別です。

 

お皿やグラスといった割れ物は特に、包み方や詰め方を一歩誤ると運搬の途中で壊れてしまうこともあり得ます。

 

最近のグラスは、薄いガラスで作られたものが人気でもあります。

 

それならば、内側に丸めた新聞紙を入れて補強し、外からも包んで業者に申し出て専用の箱をもらい、そこに入れるというように梱包全体に厳重な注意を払うと破損の心配はぐっと軽減されます。

 

一軒家であればともかく、最近のマンションやアパートでは隣人はどんな人なのか、ほとんどわからないということがおかしいと思わなくなっています。

 

だからといっても、日頃から挨拶する、大変なことがあったときに助けを求められるような関係はあってもいいのではないでしょうか。

 

良好な関係を作り出す手始めとしては、引っ越したらすぐに、ちょっとした品を携え、お隣に伺うことは、当たり前ですが大切です。

 

何から手をつけて良いのかわからなくなってしまうのが、引っ越しのときの手続きです。

 

まず、役所への転出届と転入届があります。

 

転出届が先で、転出する市区町村の役所で手続きをしてもらってきます。

 

それから転入する市区町村の役所に行き、転入届を出さなくてはなりません。

 

転出届と転入届はセットであり、転出届がなければ転入届の提出もできないことにくれぐれも注意してください。

 

忘れると大変なことになってしまうので他の手続きに優先して、まず終わらせておきましょう。

 

引っ越しを一度でも経験すればすぐ気がつくことでしょうが、転居する前に、ガスを解約する必要があります。

 

自分の引っ越しでも経験してきたことですが、簡単な手続きをすれば解約はできます。

 

きちんと解約手続きを終わらせないと転居後のガス代も引き続き請求されることになるので決して忘れてはなりません。

 

その際、転居後も月末まで料金の支払いは自分のところに来るのです。

 

一世帯がまるまる引っ越すとなると、結局は当日やらなければならないことが多く、朝から晩までの作業になることは必然ですから、当日でなくてもできることはできるだけやっておいてください。

 

とりわけ、ライフラインの水道、電気、ガスその他をすぐに使えるようにする手続きはどんなことにも優先して終わらせておき、引っ越す日まで使いそうなものは、運び出す荷物とは分けて取り出しやすくしておき、さらにしまいやすくしておきましょう。

 

引っ越しは一つの転機であり、日常生活の細々したことを改めて考え直すものですが、NHK受信料を支払うかどうかも今後の対策を考える時です。

関連ページ

引っ越しQ&A
無料で一括見積りを取れるサイトは、数多く存在しますが、中でも「引越し価格ガイド」は1100万件以上の実績があり、安心して利用できるサイトです。
引っ越しQ&A 2
無料で一括見積りを取れるサイトは、数多く存在しますが、中でも「引越し価格ガイド」は1100万件以上の実績があり、安心して利用できるサイトです。