多汗症は人によって症状の出る部位に違い

常に汗をかいている。ちょっとした緊張で大量の汗が噴出すように出てくる。特に運動しているわけでも暑いわけでもないのに汗が止まらない。他の人と比較して汗の量が多く、服がびっしょり濡れるほどの汗が出る。これらの症状を持っている人を多汗症と呼んでいます。多汗症は人によって症状の出る部位に違いがあり、多汗症の中でも特に掌に汗をかく症状が強い人を手掌多汗症といいます。手掌多汗症は、顔の汗のように人前でも目立たず、頭や脇、足のように激しい臭いの原因にもならないので、他の部位の多汗症と比較すると軽視されがちな面があります。でも、本人にとっては大変つらい症状です。手掌多汗症は、比較的軽く一日中掌がじんわりと湿っている程度というレベル1から、掌から汗が滴り落ちるほど大量の汗が噴出すレベル3まで、症状の段階でレベルが分けられています。レベル1の人でも、人と握手をすることができず、恋人とも手をつなげないと悩む人が多いものです。ましてや、レベル3の人の場合は、重要書類を手にしたら汗で文字が滲んでしまった、汗で用紙がフニャフニャになってしまった、破れてしまったというように社会生活に重大な支障をきたすことも少なくないのです。ですから、酷い場合には職種が限られるなど、人生の大きな障害となってしまうケースもあります。手掌多汗症のせいで、人並みの青春、人並みの人生を送る機会を奪われたと感じている人もいるくらい、つらい病気です。精神性発汗とは、緊張、ストレス、不安などが原因で、一時的に局所的に汗をかく現象です。これは通常、誰にでもあることで、大勢の人の前に立ったり、受験などのような大事な局面で手や脇に汗がにじむのはごく当たり前の出来事です。しかし、この状況が日常的にずっと続いたり、その汗の量が異常に多かったりするケースを精神性多汗症とよびます。一般的な精神性発汗は殆ど問題はありませんが、精神性の多汗症だと放置していられません。日常生活や社会生活にまで影響を及ぼしてしまうことがあるからです。常に汗をかいている掌を恥ずかしく思い、握手などができない。あるいは、人の手と触れた瞬間に「気持ち悪い」と言われたことがトラウマになって、人と接するのにも消極的になり、被害妄想にまで不安が増大してしまう。対人関係への不安から、仕事の大事な局面でも成果を発揮できずにますます自分に自信が持てなくなるという人もいます。人から嫌われているのでは?という思いにとらわれるあまり、対人恐怖症にまで発展することもあるようです。精神性多汗症は神経質な人、几帳面な人、完璧主義者、周りに気遣いすぎる人、あがり症の人、繊細な人がなりやすいと言われています。精神性多汗症の人は自分で自分を追い詰め、負のスパイラルに陥りやすいのが特徴です。ですから、一度なってしまうと、どんどん悪化していくのです。できるだけ早めにカウンセリングを受け、場合によっては精神安定剤などを服用して対処しましょう。代償性発汗とは、手掌多汗症改善のための交感神経切断手術を行った人に現れる副作用の一つです。手掌多汗症は交感神経が過敏に反応することから起こるとされているため、その改善のための手術では交感神経の切断が行われます。しかし、この手術を行うと、手足の発汗は抑えられるのですが、その代わりに身体の別の部位の発汗が増加してしまうことがあります。その症状を代償性発汗といいます。具体的には、背中やお腹、太もも、お尻、ひざの裏側など、それまでは殆ど汗をかかなかった部位からの汗が増えてしまう現象です。この副作用は個人差もあるので、全員が必ず発症する訳ではなく、また、その症状の重症度にも違いがあります。この代償性発汗は、気温が25度を超えると、胸より下の下半身に特に汗をかくのが特徴です。酷い場合には服がびっしょり濡れるほどの汗をかき、いすに座っている場合などはお尻や太ももが特に汗をかきやすくなるようです。これは交感神経を切断してしまったことにより、温熱性発汗を抑制する機能が弱まったり、働きにくくなる為に、以前より大量の汗をかいてしまうのです。腔鏡下胸部交感神経遮断術を行った人のうちの80%以上が発症するというデータがあり、そのうち60%以上の人が生活に支障をきたすほど酷い状態になったという結果が出ているそうです。交感神経は一度切除してしまうと二度と元に戻すことはできませんから、手術を受ける際には慎重に判断してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です