排卵誘発剤が有効というので試してみました

結婚して3年目くらいまでは、健康だし、体温も測ってタイミングを逃さないようにしたのに、一向に妊娠の兆候が見られなくて、親しい友人たちの話題も赤ちゃん中心となり、やりきれない気分でした。

病院で検査を受けているときまでは不安でしたが、多嚢胞性卵巣症候群というのがわかり、排卵誘発剤が有効というので試してから、基礎体温表をつけていたのもあり、比較的早く赤ちゃんを授かることができました。

悩んでストレスを貯めるより早々に受診したほうが、体にも良いと思います。

妊娠初期の女性に欠かせない葉酸は、細胞の分裂を促進し、造血に必須の栄養素です。

それは不妊治療にも効果を表し、とくに着床困難を解消するため、それだけで妊娠確率が上がることが期待できます。

そのうえ造血作用で新鮮な血液が増産されると酸素や栄養も運ばれやすくなり、生殖機能が正常化して活発になり、妊娠しやすい体作りができるのです。

妊活中には、普段から飲む機会の多いお茶にも気を配りましょう。

普通、妊活中の方が良く飲むお茶としては、ルイボスティー・タンポポ茶の二つのお茶を良く耳にします。

これらはカフェインが含有されていませんので、赤ちゃんを授かる可能性の高い妊活中の方にとっても、胎児にとっても嬉しいお茶だという事ですね。

実は、ルイボスティーには、貧血を予防するという効果があるという話もありますから、妊活が終わった後も、飲み続けたいお茶だと言えます。

「妊活」という言葉から想像できることと言えば、基礎体温の検温や体調の管理など、主に女性がするものだと考えていませんか?もちろん、女性が行うべき妊活も沢山あります。

しかし、男性側にも実践していただきたい妊活があります。

それというのも、葉酸を十分に摂るという事なんです。

流産や不妊の原因因子として、女性にあるとは限らず、夫に問題があったという話も良く耳にします。

原因はさまざまにありますが、中でも精子の染色体異常については、着床率を下げるという報告があります。

葉酸には、染色体異常を軽減し精子の質を高めるという効果があります。

ですから、男性も葉酸を十分に摂って、妊活をすすめてみましょう。

妊活中の女性にお薦めしたい食べ物には、豆腐(豆乳)、納豆、魚といった身近な食品があります。

それ以外には、卵やレバー、ブロッコリーなどにも妊娠に欠かせない栄養素を含むので、毎日の食事でとっていきたいものです。

また、栄養バランス良く様々な食品群の中から栄養を摂ることが健康維持にもつながるのも事実です。

その一方で、冷えやすい飲料や食料は妊娠を妨げるので避けたほうが無難です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です