自分の脂肪を注入する

美容整形外科では、胸にシリコン製バッグを入れたり、他の部位から取った自分の脂肪を注入するなどのいわゆる豊胸を行なったり、女性ホルモン注射することによってバストアップを目指す方法がよく行なわれています。ただ、そこまでの勇気とお金がなかなか出せない場合には、自宅で時間をかけてバストアップする方法もありです。様々な方法があるために様々な情報が流れています。自分に一番あった方法で取り組むことが確実なバストアップにつながると思います。まずは、情報収集をすることをお勧めします。バストアップには欠かせないバストアップブラが非常に人気がありますね。年齢を問わず、多くの女性が使うようになってきています。一昔前には、高額な補正下着が物議をかもしていたものですが、最近では、女性の美容意識が向上したからか、あるいはきちんとした判断が出来るようになったからか、その類のものが高額であっても、問題が浮上することが少なくなりました。ただ、同じ補正下着でも、バストアップブラはちょっと意味合いが違います。普通の補正下着は、メリハリボディを作り出すためのものですよね。そのときだけ体型を美しく見せるためのものです。対して、バストアップブラはバストを美しく保つための下着です。自分に合わないブラジャーとか、大安売りで買ってしまったブラジャーとか言うものではバストは美しさを保てません。なぜかと言いますと、ブラに胸を収めていても、バストの脂肪が脇やお腹に流れていってしまうんですね。そうすると、バストは形が悪くなるだけでなく、小さくなっていきます。その結果、皮膚が余って垂れる、あるいは、胸がしぼむ、そんな状況になってしまうわけです。そうならないためには、バストアップブラは必須アイテムです。ブラの中に、脇やお腹の脂肪を集めてきて収めます。普通のブラジャーだと、徐々に徐々に脂肪は移動して戻っていってしまいますが、バストアップブラならそれがありません。だから、急にサイズアップしたかのようなバストがずっと続きます。そして、バストアップブラをつけ始めると、バストの形が少しずつ良くなっていきます。おそらく脂肪が胸に定着してくるのではないでしょうか?お出かけ用のバストアップブラと、お部屋で着ける用のバストアップブラが販売されていますから是非、使い分けてみて下さい。バストアップの方法もいろいろありますが、自宅で毎日取り組めるバストアップの方法としてマッサージがあります。特に、このマッサージはバストアップ体操と一緒に取り組むと効果がよく見えてきます。ただ、そのままマッサージすると、バストの皮膚に負担がかかってしまいます。なぜかといいますと、バストアップのためのマッサージは、顔のマッサージとは異なって、なでるだけでなく結構しっかりめにマッサージします。出来れば、マッサージオイルやジェルなどを用いるとよいでしょう。マッサージでバストアップの効果が出てくる理由としましては、血行がよくなるため、ということになります。バストそのものの血行をよくするということでもありますが、しっかりマッサージすることで、バストを支える大胸筋に働きかけるわけです。つまり、大胸筋の血行を良くする事が出来るんです。そうすることによって、バストが垂れることはなくなりますから、マッサージがバストアップに効果を表すわけです。バストアップ体操と一緒に行なうと、より効果的だといわれる所以はここにあります。いつでも簡単に出来るバストアップマッサージの方法としましては、まず座ったら片方の手を胸の下側にあて、一方の手は胸の上側にあてます。下側の手は、胸から脇の下の方向へ、上側の手は脇の下から胸の方向へマッサージします。両手を同時に動かして20回くらいマッサージします。左右の胸で行います。お風呂でもバストアップマッサージする方法があります。まず、右胸を右手にのせ、左手は右胸の上に置きます。右手の手のひらでバスト上に押し上げ、左手はバストを下の方向に軽く押します。20回くらい繰り返します。左胸も同じように行ないます。一番大切なことは、続けると言うことです。毎日少しずつのマッサージがバストアップにつながっていくからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です