不妊は身体的原因のほかにストレスも大きく関わっています

不妊は身体的原因のほかに、ストレスも大きく関わっています。

生殖ホルモンのバランスがストレスにより崩れると、妊娠を妨げる種々の症状を引き起こすことがあります。

妊娠を望む家族の声や、過度な緊張感が不妊治療とあいまってストレスになることも少なくなく、ますます追い詰められるという繰り返しも、ないわけではありません。

周囲も本人もおおらかな気持ちを持つことが大切です。

友達のところもそうですが、うちも二人目不妊でクリニックに通い始めました。

本当は夫婦一緒に不妊検査と治療をと願っていたのですが、一度言ったら気が乗らないふうだったので、とりあえず自分だけで、タイミング療法に取り組みました。

料金は1回2800円で安価でしたが、即、妊娠できるというわけでもなく、時間が経つよりマシと思い、高価な葉酸サプリも買って飲みました。

私はラッキーだったのか、全部飲み切らないうちに、下の子ができました。

費用や時間で悩んでいたのが嘘みたいです。

まだ妊娠できないと悩んでいるときは、基礎体温の管理から始めてみると良いでしょう。

基礎体温は運動などによる変化がありませんから、女性のホルモンバランスの変化が推測できて、妊娠しやすい時期が分かるだけでなく、不妊の原因究明にも役立ちます。

さて、基礎体温表を作るにあたっては、毎日、起床時に体温を測るという注意事項もありますから、それに従って毎日続けるのが大事です。

最初の1か月は慣れるつもりで始めてみましょう。

一般的に不妊治療は費用もかさみますし、タイムリミットを考えると精神的にもつらいものです。

市町村に申請すると助成金が得られるとはいえ、だいたい40歳以上になると給付回数が減らされることが一般的に行われているようです。

私は40歳以上の人こそ支給回数を減らすのはナンセンスだと感じます。

私はもうじき40歳ですし、役所にまでリミットを設けられたようで悲しく、疲れきっています。

二児の母です。

妊活をしていた時、産み分けの本を偶然本屋さんで見つけ、購入しました。

上の子が男の子でしたから、次の子は女の子が欲しいと考えていたからです。

排卵日を特定したり、タイミングを調節するなど、産み分けに挑戦してみました。

妊娠が分かったときは嬉しかったのですが、産み分けの事もあって性別が判明するまで少し心配もしましたが、無事に女の子を妊娠することが出来ました。

妹が出来た、と家族で喜んでいます。
私は第一子を妊娠中ですが、それまで不妊治療を続けていました。