手掌多汗症の対処法

胸部交感神経をメスで焼き切るという方法が胸の手術といっても、手術時間はおよそ30分程度で済み、入院することなく当日帰宅できるケースも多いようです。手術跡も殆ど目立たないでしょう。しかし、この手術には副作用もあります。当然ですが、人によって大きく個人差があり、手術を受けた人全員に副作用が出るわけではありません。手足の発汗を抑えることはできるのですが、その代わりに別の部位からの発汗が増える「代償性発汗」というのが第一の副作用です。背中や胸の下に症状が多くあらわれるといわれています。その他にも、頭痛や喉の渇きといった症状も多く報告されているようです。いずれにしても、一度焼き切ってしまった交感神経は元には戻せませんし、その後に起こる副作用についても、事前に確実に把握できるわけではありませんから、手術は最終的な手段として考えたほうが良いでしょう。手汗は緊張した時にでたり、暑さで掌に汗をかく程度なら特に問題はありません。それは誰にでも起こりうる正常な身体反応です。しかし、常に掌がじんわり湿っていたり、それ以上に汗が出ているようなら、手掌多汗症と判断してよいでしょう。手掌多汗症による手汗は、体質とか遺伝とか生まれつきと思っている人も多いようですが、そうではありません。その多くは精神的に緊張しやすいという問題と、交感神経が敏感に反応してしまうことが原因といわれており、後天的なものとされています。ですから、自分が人と違って手汗が多いのだと知ったときから一気に症状が悪化するという事例も少なくないのです。手汗をかく人の殆どは、いつもハンカチやタオルを握り締めるなどして対処していることでしょう。手掌多汗症の対処法としては、精神的な緊張をほぐし、日常的な緊張度合いを和らげる為、カウンセリングを受けたり精神安定剤を服用する方法が一般的です。一時的に発汗を防ぐ手段としては、制汗剤を利用するという手段もありますが、市販されている一般的な制汗剤ではなく、医師に処方してもらったものでなければ、殆ど効果は無いといわれています。注射による薬物治療法は、長期的に継続する必要があり、効果の出方にも個人差があるようです。また、日本ではあまり普及していませんが、イオンフォレーシス法という微弱電流を利用した療法もあります。思い切った対処法では、交感神経を切る手術がありますが、副作用があるため、あまりオススメできません。