自家用車で運べる分の荷物を何度も時間をかけて新居

自営業の人など、国民年金加入者が引っ越しを行なうと、年金手帳に記載されている住所を、新しいものに変更する手続きを行なう必要があります。

それも期限があり、14日以内に、引っ越し先の市町村にて住所変更手続きをしてしまいましょう。

手続きに必要なものは、国民年金手帳と、印鑑です。

何かの事情で、本人が出向けない場合、適正な委任状を作れば本人の代理人が、手続き出来るようになりますので、ご参考までに。

物件探しについてなのですが、近所にあった不動産屋さんのお店に直接行って、部屋探しをしました。

そこで担当してくれた人がとても丁寧に対応してくれたので安心し、担当の人がおすすめする物件の中から、選ぶことにしました。

違う不動産屋さんも行ってみる気はあったのですが、別のサイト掲載の物件も、何の問題もなく紹介してくれると担当の方が仰るので、あちこち出向かずに済みました。

衣類、特に厚手のコート類などを引っ越しの荷物として運ぶ時に大抵の引っ越し業者からレンタルすることができる衣装ケースが存在しますから、これを用いると荷造りが大幅に簡素化できるでしょう。

普通のダンボールを使うと一枚一枚、衣類を畳んで収納していくことになりますがこういった衣装ケースの場合はハンガーにかけてある状態で、すぐケースにどんどん移動させて梱包できます。

新居に到着したら、開梱してハンガーラックや、クローゼットなどに吊っていけるので、大変便利です。

引っ越し作業を業者に任せないで、なるべく自分で梱包などを行ないたいのであればできるだけ、荷造りの数を減らしましょう。

普通の、あまり大きくない車で運ぶわけですから、できるだけ効率よく積載していくため、大きすぎないダンボールを使い梱包すること、陶器やガラスなど、われものはTシャツに包んで詰め込んでいく、こうして、包み紙を使わないことで体積が増えることを防ぎついでに衣類も梱包できる、そんな小技でもあります。

こんな風にして、なるべく荷物を少なくするように注意します。

引っ越しの際の出費について、思っていたより高い、と感じる人が多いのはエアコン関連です。

エアコンの設置や取り外しは、専門知識のない人にとっては大変難しいので、必ず専門業者を呼びます。

なので、エアコン取り付け工事一台に軽く一万円ほどはかかるようです。

引っ越しのオプションとして、業者にエアコンのことも頼んでいる場合はそんなに高額になることはなさそうです。

しかし、エアコンを荷物として移動させるだけなら、どこか別の業者に取り付けを頼むか、あるいは、新品を購入して、古いものの引き取りと、取り付け工事もしてもらうか費用やかかる手間など、総合的に考えてみた方が良いです。

引っ越し作業中、業者が大きな家電などを運んでいたりすると、つい、落としてしまったりしないか、などと注目してしまいます。

落として傷つけたり、最悪の場合は壊れてしまった、などといった風になってしまうとガッカリしますから、見た目にも丁寧に荷物を運んでくれる引っ越し業者は信用でき、頼りにしています。

引っ越し作業は、私は大体いつもスタッフと共に作業することにしています。

でも、それもあってか、目の前で荷物を荒く扱われた、という経験はないです。

とはいえ、引っ越し時には荷物の破損があった場合、補償する仕組みもあり、引っ越しは自分で運んだりするよりも丸々業者に作業してもらう方が、最終的には得かもしれないと思っています。

大きな荷物の運搬を行なう際に、どうしても気を付けたいことは、傷つきやすい木製家具や衝撃で壊れやすい家電には傷がつかないような工夫をしたいところです。

新しい住まいのために購入したおしゃれな家具などは、場合によっては市販の緩衝材を使うなどして注意深く運びたいところです。

お気に入りの新しい家具を、新居に置けるとなると嬉しいものですが、それが細かい傷だらけだったりしたら、誰だってガッカリしてしまうでしょう。

同じ町内など、引っ越し先が近い場合は引っ越し業者を利用しなくても、なんとかなります。

その方法ですが、まずは自家用車で運べる分の荷物を何度も時間をかけて新居に運び入れます。

何回も、時間を使って少量ずつ運べばあまり積載量のない車を使っていても、かなりの荷物を運べるでしょう。

自家用車で難しい大型のものは、最後に一日、トラックを借りるようにします。

これで何度か往復すれば荷運びは済むでしょう。

こんな風にできると、引っ越しにかかる総支出をだいぶ節約することができます。

続きを読む