注射による薬物治療法

注射による薬物治療法は、長期的に継続する必要があり、効果の出方にも個人差があるようです。また、日本ではあまり普及していませんが、イオンフォレーシス法という微弱電流を利用した療法もあります。思い切った対処法では、交感神経を切る手術がありますが、副作用があるため、あまりオススメできません。手掌多汗症は、交感神経が過敏すぎることが原因で起きているとされています。ちょっとした事で緊張状態になり、普通の人より多い汗を出してしまうのです。ですから、手掌多汗症の手術では、この交感神経の働きを遮断する目的で切除手術を行います。交感神経切除手術には、「腔鏡下胸部交感神経遮断術」という難しそうな名前が付いていますが、それほど難易度が高い手術ではなく、また、大規模な手術でもありません。そして、手術は掌に行うのではなく、手術名の通り、胸の手術です。脇の下にあけた4~5mmの穴から胸部交感神経をメスで焼き切るという方法が現在では一般的に行われています。胸の手術といっても、手術時間はおよそ30分程度で済み、入院することなく当日帰宅できるケースも多いようです。手術跡も殆ど目立たないでしょう。しかし、この手術には副作用もあります。当然ですが、人によって大きく個人差があり、手術を受けた人全員に副作用が出るわけではありません。手足の発汗を抑えることはできるのですが、その代わりに別の部位からの発汗が増える「代償性発汗」というのが第一の副作用です。背中や胸の下に症状が多くあらわれるといわれています。その他にも、頭痛や喉の渇きといった症状も多く報告されているようです。いずれにしても、一度焼き切ってしまった交感神経は元には戻せませんし、その後に起こる副作用についても、事前に確実に把握できるわけではありませんから、手術は最終的な手段として考えたほうが良いでしょう。精神性発汗とは、緊張、ストレス、不安などが原因で、一時的に局所的に汗をかく現象です。これは通常、誰にでもあることで、大勢の人の前に立ったり、受験などのような大事な局面で手や脇に汗がにじむのはごく当たり前の出来事です。しかし、この状況が日常的にずっと続いたり、その汗の量が異常に多かったりするケースを精神性多汗症とよびます。一般的な精神性発汗は殆ど問題はありませんが、精神性の多汗症だと放置していられません。日常生活や社会生活にまで影響を及ぼしてしまうことがあるからです。常に汗をかいている掌を恥ずかしく思い、握手などができない。あるいは、人の手と触れた瞬間に「気持ち悪い」と言われたことがトラウマになって、人と接するのにも消極的になり、被害妄想にまで不安が増大してしまう。対人関係への不安から、仕事の大事な局面でも成果を発揮できずにますます自分に自信が持てなくなるという人もいます。人から嫌われているのでは?という思いにとらわれるあまり、対人恐怖症にまで発展することもあるようです。精神性多汗症は神経質な人、几帳面な人、完璧主義者、周りに気遣いすぎる人、あがり症の人、繊細な人がなりやすいと言われています。精神性多汗症の人は自分で自分を追い詰め、負のスパイラルに陥りやすいのが特徴です。ですから、一度なってしまうと、どんどん悪化していくのです。できるだけ早めにカウンセリングを受け、場合によっては精神安定剤などを服用して対処しましょう。